2006年11月26日

ぼけたことぬかすんじゃねぇ。

 ほら、じぶんとこの試合、生観戦してねぇから。
 またもや、他人の所の話なんですが。

 えぇ、苦情は受け付けませんよ。私の気持ちの上ですから。
 「横浜FC、フリューゲルスの夢託しJ1へ 羽田に凱旋」(asahi.com)
 あの顛末&天皇杯を見てた人間として、それはないと思う。

 フリエと言うのはどうなのか?
 というか、モトさんがそれを言うのはどうなの? 今の横浜FCってフリエの流れを汲んでいるの?本当?

 ちょっとというより、サッカーファンとして、かなり悔しい。
 えぇ、えぇ。負け犬の遠吠えですよ…。絶対そうとしか思えないエントリですが…。でもね……………。今の状況で、モトさんにはそういうコメントをして欲しくなかったですよ。 というのが本音。
 99年に「飛び級」でJFLに参戦し、01年にJ2に昇格。昨季から、全国で給食事業を展開する「レオックジャパン」の関連会社が、チーム運営会社の株式50%を取得し、事実上のオーナーとして支援。経営を安定させてJ1を目指した。

 かつてフリューゲルスの主将を務めた山口素弘(37)は昨年横浜FCに加入し、昇格に貢献した。「経緯を考えれば全く別なチームとは言えない。逆に携わった人たちにおめでとう、と言ってあげたい」と語った。


 と、いうのは元旦に生観戦して涙を見た人のたわごとです。えぇ・・・。たわごとです。ほっといてください。


posted by 風子 at 23:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | Soccer | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まあまあ、お気持はわかりますが...

山口がそのような発言をする事くらいは、構わないのではないでしょうか。現実的に一番悲しかったのは、「日本のトップチームとして戦っていた選手達」だったと思うのですよ。

ともあれ、あまりに重く難しい問題です。
Posted by 武藤 at 2006年11月28日 22:53
 あははは。こんにちは。
 ちょっと考えて、後で感情的過ぎたかな、とは思ったんですがね。
 素直に「よかったね」って言えないのは、負け犬の遠吠えにしかならないのを知ってますが、なんともシックリこないわけなんです。 所詮ヒトサマのチームのことなので、どうでもいいっちゃいいんですが(笑
Posted by 風子 at 2006年11月29日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。