2005年04月07日

インクジェットと骨折

 世の中にこの平均値というものがあるならば、ワタクシ、平均以上骨折してると思われます。 カルシウムが足りないとか、骨密度が低いというわけではなく! ただただ、乱暴モノなだけなんですが。
 足(弁慶の泣き所ってトコだな)・手首・指(骨折及び剥離骨折×n回)

 こんな私に朗報!(いい加減にやめなさい…)
 インクジェットが骨折も治す (CNET Japan)

 最初「インクジェットプリンター」と「骨折」ってなんやねん!という突っ込みをしたくなりましたが。 読んでみて納得。
 英国マンチェスター大学の研究者らが、生きたヒト細胞をインクジェットのノズルで患者に噴霧するテクニックの開発に取り組んでいる。
 という事で、骨折して骨が欠けちゃった所とかにインクジェットプリンタで使っているようなノズルでヒト細胞を噴霧して、骨を再形成するわけですね!
 治療期間とかわからないんですが。 前にやった手首の骨折の時は、完全固定2週間、半固定2週間という所でした。 これより早く治るといいなぁ。
 軟骨も再建(?研究)対象にしているらしいです。 軟骨って減ると人工にしなきゃならんですが、その手術がまた大変だし。 半月版とか、あれは軟骨じゃないのかなぁ。 自分の細胞で作り直せたらいいよねぇ。
 この細胞噴霧で、靱帯とか自分で作れたりしないのかなぁ。 できたらいいなぁ。 まだ切れたっぱのがあるからなぁ…。 というヨタ話でした。

 ところで、この記事がYahoo!ニュースで「コンピュータ」に分類されていたのは、間違いだと思うの…。


posted by 風子 at 14:23 | Comment(4) | TrackBack(1) | Etc. | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、実用化(出来れば安価に)したら、サッカー選手とか嬉しそうですね。
ついでに、歯科治療とかにも応用できないかなぁ?
Posted by s_tanaka at 2005年04月07日 15:34
そうそう!スポーツ選手とか、活用できそうですよね! 治療期間が短くなれば…の話ですが。
歯かぁ。出来なくなさそうですよねぇ。
Posted by 風子 at 2005年04月07日 15:54
あのー・・。
職人さんがやかんの水を口に含んで
霧を吹きますよね。畳職人とか。
人間国宝レベルの霧吹き名人なら、
インクジェットより良い仕事するか
も知れないなどと考えた私はやっぱり
おかしいのかな。
春の陽気にやられちゃったのかなぁ。
Posted by はせ at 2005年04月08日 00:28
>はせさん
えぇっ! いや、職人さんの霧吹きと同じ感じがしますが…。


やっぱ、駄目でしょう、ソレ(笑
暑いからねぇ…
Posted by 風子 at 2005年04月08日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インクジェットで骨折治療技術開発中
Excerpt: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050407-00000001-cnet-sci最初ヘッドラインで見たときは一体何のこっちゃと思いました。インクジェット。普通に..
Weblog: ピュシス徒然草
Tracked: 2005-04-07 21:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。