2006年11月13日

48節 vs鳥栖 @鳥栖

鳥栖2−1湘南
【得点】
 34' [鳥栖]新居 辰基
 42' [湘南]横山 聡
 70' [鳥栖]飯尾 和也

 天皇杯から1週間。2週間ぶりのリーグ戦。 メンバーは大幅に入れ替え(入れ替えざるを得なかったのか)今年初の公式戦「坂本・中町」のボランチ。 最初はどうなるかと思いきや、段々なんとか形を作れるようになってきて、10分過ぎぐらいからボールが繋がるようになる。 見てたイメージだと、「中町ボランチ+坂本リベロ」…という感じ。 イメージです、イメージ。
 先制点を鳥栖に入れられるが、「同点に出来る」という感じがした。こんだけ動いてて、最後まで動けるんだろうか?と思うほど。 前半の終わりに横山のゴールが決まる。 といっても、逆のサイドで決まって、ゴール裏からはもう何がなんだか。 ゴールの中にボールが転がったのを見て喜びました。
 ハーフタイムを挟んで。 「勝利」は「より勝利を願った方に転がる」もんなんだろうな、という気持ち。 決して湘南の選手が弱かったわけではなく。 後半はいい形を作っていたのは湘南の方だと思うし。 しかし、この1万8千人の観客に、それを企画した3年2組の小学生たちに、勝利をぜひともプレゼントしなくては、という鳥栖の選手の気持ちが勝ったのだろうと思った。
 村山のレッド(S5:得点機会阻止(他))やら、横山のペナルティエリアでの倒されたことや、中町が肘で顔を打たれたことや、石原が足を蹴られたことや、田村が後ろから足を蹴られたことなど、色々文句は言いたいが。 それを言っても何も変らないし、鳥栖も同じ条件でやっているはずだし。
 しかし、密かに狙ってた(私がな)「退場者0」記録が、なくなったのは残念。

 今日の試合でもダメなんだったら、どうやったら勝てるのかなぁ…って、本気で思いましたよ。

 次回は土曜日。18日。vs愛媛FC。 18時キックオフのナイトゲームなので、どちらさまも防寒準備は怠りなく!


■2006/11/12 14:04キックオフ 鳥栖スタジアム
【入場者数】18,231人【天候】晴 17.7℃ 29%
【主審】大西弘幸【副審】木城紀和/浅野正樹

【スタメン】
GK 25 植村 慶
DF 17 冨山 達行
DF 4 村山 祐介
DF 3 田村 雄三
DF 21 尾亦 弘友希
MF 10 アジエル
MF 28 中町 公祐
MF 8 坂本 紘司
MF 24 加藤 望
FW 19 石原 直樹
FW 29 横山 聡

【サブ】
GK 1 伊藤 友彦
DF 31 アマリウド
MF 7 佐藤 悠介
MF 26 鶴見 聡貴
FW 11 フラビオ

監督 菅野 将晃

【得点】
 42分 29 横山 聡:右 4 → 29 〜 中央 右足S

【交代】
 66' 24 加藤 望 → 7 佐藤 悠介
 72' 17 冨山 達行 → 31 アマリウド
 85' 28 中町 公祐 → 26 鶴見 聡貴


posted by 風子 at 13:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。