2004年06月28日

観に行くかドウカ?

 気にはなるんですが・・・。
 京極堂シリーズ映画化!第1弾主演は堤 (nikkansports.com)


 京極氏が納得しただけに、配役は豪華そのもの。京極堂には「知性が表現できる演技力の持ち主」として堤が抜てき。京極堂の友人で事件にかかわるきっかけをつくる小説家役は「巻き込まれキャラクターが似合う」と評価された永瀬に決まった。財閥の御曹司で不思議な能力を持つ私立探偵・榎木津礼二郎には阿部、榎木津の幼なじみの刑事に宮迫、事件のカギを握り、2役となるヒロインを原田が演じる。演出は実相寺昭雄監督(67)が手がける。

 どどどどどどど・・・・・・・うぎゃぁ(ぱったり)。
 京極堂は、京極がやればいいじゃ〜ん。一番合ってんだから・・・・・・・・・。

 えっと、それぞれのキャラクターのファンの方の反応が怖いトコロです。ふふふ。


posted by 風子 at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | Etc. | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽しみだ
Excerpt: 京極堂シリーズ映画化!第1弾主演は堤 直木賞作家京極(きょうごく)夏彦氏(41)の人気小説「姑獲鳥の夏(うぶめのなつ)」が映画化されることが27日、分かった。主人公の名探偵、京極堂こと中禅寺秋彦を堤真..
Weblog: べるたまぶろぐ
Tracked: 2004-06-28 23:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。