2006年10月02日

43節 vs水戸 @平塚

湘南1−0水戸
【得点】
 31' [湘南]永里源気

 この試合、なにがよかったって、試合後の挨拶の7ゲートの様子。 メインから見ても、凄く楽しそうだった。 是非次の勝ち試合にもやっていただきたい。 また、試合途中の選手のプレーも応援も、ミステリースポット(謎)が出来ることなく集中しているように思えた。 『「しあわせなスタジアムをつくろうよ」キャンペーン“勝手に”実施中!』 継続しています。 試合後の7ゲートの応援席とピッチ上の選手が作り出したものは、間違いなく「しあわせなスタジアム」だったに違いない。
 試合自体は、水戸さんが重症だな…という事。 湘南はそれにつけ込むことができた…という事。
 前半に先制点を取れたのが大きかったと思う。 後半の水戸のシステム変更後では、上手く抑えられていたし、逆に水戸ペースだったかもしれない。
 水戸としての攻撃の意思は、開始直後から大きく前に出た時崎のプレーにも現れていた。 しかし、なかなかカラマワリしてしまう。 この時期という事もあり、メンタル面を立て直すのは難しい。
 水戸も湘南もそうなのだが、右サイドが中に絞ってしまい(良和の言葉でいえば「逆サイドの僕にボールが来なかったので、中に絞って受けよう」)片方のサイドでばかりボールが回っているように見えたときがある。 ピッチは広い、大きくダイナミックなプレーを期待する。
 …ま、勝ったからこそいえる言葉なんですけどねw

 試合後、正面玄関で水戸サポさん(一部)が菅野監督や北島選手と話していたのが印象的。 試合は試合。 試合後は試合後。 こういう行動に私は好感を持ちますね。
 そうそう、北島選手といえば…。 ナンバー入りタオルマフラー、北島選手の番号のタオマフは完売したそうです。 完売は7番についで…なのかな? 流石、ミソジーw

■2006/09/30 14:04キックオフ 平塚競技場
【入場者数】3,059人【天候】曇 23.8℃ 58%
【主審】田辺宏司【副審】原田秀昭/間島宗一

【スタメン】
GK 25 植村 慶
DF 4 村山 祐介
DF 22 松本 昂聡
DF 3 田村 雄三
DF 21 尾亦 弘友希
MF 10 アジエル
MF 15 北島 義生
MF 7 佐藤 悠介
MF 8 坂本 紘司
FW 19 石原 直樹
FW 14 永里 源気
  
【サブ】
GK 1 伊藤 友彦
DF 31 アマリウド
MF 24 加藤 望
MF 26 鶴見 聡貴
FW 29 横山 聡

監督 菅野 将晃

【得点】
 31分 14 永里源気:右 7 〜 → 中央 14 右足S

【交代】
 85' 14 永里 源気 → 29 横山 聡
 86' 8 坂本 紘司 → 24 加藤 望
 89' 19 石原 直樹 → 31 アマリウド


posted by 風子 at 13:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。