2004年06月10日

W杯予選 印度戦 ホーム

 イロイロ書かれているので、あえてリンク先はなし。
 という事で、昨日は7−0の快勝。最低4−0と思っていたので、全体的にはよかったのではないでしょうか。
 小野は良かったねぇ。ふむふむ。あえて文句を言うのであれば、左サイドからのセンタリングと、ドリブルって現代サッカーとしてどう?という点。
 左サイドからのセンタリング(ようするに三都主だ)の精度が低すぎやしないかと。
 これがJリーグとか、ましてやベルマーレだったら「まぁ、しかたねぇよなぁ」と思うんですが、代表だもんなぁ。足の速さは認めるが、その状態からのセンタリングがアレだと非常に今後が・・・・。一次予選はいいとして、二次予選・・・行けたとして本戦なんぞちょっとなぁ。
 あと、ドリブル。インドがスペースを空けまくっていたからかもしれませんが・・・。ドリブルで切れ込んでボール取られてたら駄目なんじゃん?
 良かったなぁ、小野のボール裁き。中田がキラーパスであれば、小野は天使のパス。あぁ、そういえば、ベルマーレの城定さんも「先輩っ!ヤキソバパンっす!」というぐらい優しい(親切な)パスです。
 福西がよかったっすねぇ。点を取ったときに、あそこに詰めているのは玉田じゃないのか?と思ってみるも、まぁ味方の選手がいればいいのか。非常に攻撃的でよかった。
 ・・・ジーコのことはまだ諦めてません。1次予選は通って当たり前。2004/07/17〜2004/08/07のアジアカップの結果次第だと、今でも思ってます。つか、アジアカップは捨ててもいいから、そこでどうにか考えてください>日本サッカー協会・・・

 という事で。
 1次予選をTVで生放送してくれるなんて、いい時代だなぁとTV観戦しながらしみじみ思いました。はい。


posted by 風子 at 17:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。