2005年12月20日

フットボールとジャパニメーションと。

途中で知り合ったヤツらとの会話。長文で申し訳。

一人め。
キャメルツアーでいっしょになったフランス人。
(推定20代中頃。彼女と長期旅行中。)

ジダンが好きらしぃ。けど「マルセイユルーレット」は
通じなかったwやはり、というか中田ヒデは知ってた。
日本のアニメ大好き。お気に入りは「攻殻機動体」
(Ghost in the shell)。でも原作のマンガの方が
全然いいのだそうだ。あと彼はMOTO(オートバイ)も
大好きで、加藤大二郎(あれ、「治」だったっけ?)の
鈴鹿での死を悼んでました。

二人め。
砂漠の街、ジャイサルメールでいっしょにメシを
食った韓国人。(22歳。一人旅。)名前聞いたけど
忘れたw

まず明甫兄さんの話から入る。名前は知っていたが
彼の世代にとっては明甫兄さんも既に過去の人らしい。
彼のお気に入りは李天秀。彼の中での最強の韓国代表は
ヒディングが率いた2002年の代表だそうだ。
ま、そらそうだろけど。疑惑のゴールについてはあえて
触れないでおいたw
日本文化といえば、Mr.childrenと
「エヴァンゲリオン」な彼は韓国国文科専攻の
大学生でした。

三人め。

プシュカルってヒンディーの聖地に行く途中のバスで
会ったスペイン人。名前はアントニオ、だったと思う。
やはり彼女と旅行中。

バルセロナ生まれの彼はやはりバルサっ子。
チャンピオンズリーグでレアルが勝つくらいなら
マンUが勝つ方が100倍マシらしいwそれでもフィーゴは
スペシャルな存在なんだと。
名前は知らなかったけど、リーガで現在日本人がプレーを
してるのは知ってました。頑張れ大久保。

韓国人とフランス人の2人に共通するのは、兵役がある
国だってこと。自分の好きなことができない2年(両方とも
2年だそうだ)は苦痛以外の何物でもないと言っていた。
でも、兵役逃れ、って方向にはいかないらしぃ。ふむ。
義務と権利、ってことなのかねぇ。わからんけど。

彼らの人生に(もちろん、俺の人生にも)幸多からんことを。
どっかでまた話ができるとイイですね。


posted by 風子 at 16:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | ヤツハシくんの旅行記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へええ・・やっぱり旅の醍醐味は、見知らぬ人との会話だ・・・サッカーはもちろん、ジャパニメーションも話のきっかけになるとは面白いね
ところで「愛の国 ガンダーラ」へはいついくの?人はそれをインドにあったと・・・・(笑)
Posted by Hiro at 2005年12月21日 10:59
楽しそうだなぁ。
そして、フットボールは世界の共通語だなw
ジャパニメーションもかw
Posted by 風子 at 2005年12月21日 19:37
ユートピアですか。
夢をかなえてきてください。
Posted by 松井 at 2005年12月22日 02:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。