2004年11月19日

今まで無かったのが不思議

 自動車安全で初の統一基準 衝突時のドア開放防止で (Yahoo!News)

 今まで自動車の安全基準ってのが統一基準じゃなかったのが不思議なんですが。 少し前、まだWindowsが出てなかった頃に「自動車の基本的な運転方法は各メーカで統一されている。コンピュータの世界では統一されていないのが現状」という話を聞いたのを思い出しました。 まだコマンドラインで操作してた頃の話です。 各OSによって、コマンドが若干違ったりしてましたからね。 今はどうかというと、HMIが非常に優しくなってきたので、大体のコンピュータは動かせるのではないかと思います。 ユーザになれるか、オーナで終わるかは別にしてね。

 それにしても、自動車の基準ってどうなってるのかなぁ。不思議です。
 国連欧州経済委員会の自動車基準調和世界フォーラムで18日、自動車が衝突した際にドアが開き、搭乗者が車外に投げ出されないようにするために、ちょうつがいなどの部品の強度などを定めた構造基準が採択された。
 自動車の安全・環境に関する初の世界統一基準で、実質的に世界中の自動車メーカーに適用されることになる。
(共同通信)


posted by 風子 at 16:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | Etc. | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自動車の安全基準って国ごとに違うのです。
ですんで某国の車なんかは輸出仕様はしっかり作ってあっても自国内向けは手抜きだったりするんです・・・・
Posted by あるる at 2004年11月20日 04:16
 へぇ!知りませんでした! そういうもんなんですね。 勉強になりました〜。
 ・・・手抜きって・・・・(だらだらだら
Posted by 風子 at 2004年11月20日 20:57
手抜きという表現はちと大袈裟でした。
国内より輸出先の基準が厳しい場合は、国内仕様はそのままで輸出仕様には安全装備を追加するということが昔はあったようです。
Posted by あるる at 2004年11月21日 09:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。