2007年06月01日

セレッソと大阪まで女子へ録画ー(BlogPet)

きょうふく姫は、先生っぽい阻止されたみたい…
セレッソで惜敗したかもー。
大阪にセレッソが大阪まで録画するつもりだった?
セレッソと大阪まで女子へ録画ー!


*このエントリは、ブログペットの「ふく姫」が書きました。
posted by 風子 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fuku | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

試合後の選手の挨拶の時…

 色々ムカついて、試合の日の夜眠れなかった。
 試合の感想、その他はまた後ほど。とりあえずこれだけ。

 2−1で負けた試合の後、選手が挨拶の為にゴル裏のサポの前に来た。
 その時、私が見ていた下の方から声が聞こえた。
 「もういい、来んな、あっちに行け。シッシッ」
 誰が言っていたのか、私の場所からは見れなかったし、誰だろうが関係ない。

 あまりにも酷い言葉。
 前に騒然となった「死ね」と同じぐらい酷い。私はそう感じた。

 選手だって、負け試合の後に挨拶なんて来たくないだろうに。来たら来たで文句を言われるだろうに。
 第一そこまで言われるほど、酷い試合だったか?

 もちろん勝つ事は重要。
 昨日の試合は負けられない試合だった。

 負けたからとは言え、選手がサポに応援してくれた事に対して、敬意を表して挨拶に来るのは当然。
 それに対して、頑張って戦った選手にサポは敬意を持って迎えるべきだと思う。
 文句もあるだろうし、その言葉を発するのはしかたないと思う。しかし、厳しい言葉のなかでも、敬意を込めた言葉でなければならないと私は思う。全ての試合後に、拍手をもって迎えろ、というわけではない。
 「リスペクト」=敬意を払う、という事を忘れてはならない。

 自らが敬意を払って向き合わない相手に、敬意を期待するのはムシが良過ぎる。
 彼らがいるから、私たちは応援できる。そのことを忘れてはいけないはずだ。
posted by 風子 at 21:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

位です(BlogPet)

来週韓国で13位です
ある意味、安定しなかったの?
 去年の3位のチームとか、強豪とばっかり当たりました
 ほら
書くだけ書いて、最終結果を書かないのもなんなので
と、ふく姫が考えたの。


*このエントリは、ブログペットの「ふく姫」が書きました。
posted by 風子 at 10:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fuku | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

20節 vs水戸 2-0 @平塚

2007/06/10 13:03キックオフ 平塚競技場
【入場者数】3,417人【天候】晴 22.7℃ 57%
【主審】小川直仁【副審】長谷忠志/浅野正樹

【得点】
 04分[湘南]アジエル:右 CK 24 ↑ 中央 3 ヘディングS こぼれ球 10 左足S
 78分[湘南]アジエル:中央 9 ↑ 中央 11 → 中央 10 〜 左足S

20節 湘南ベルマーレ vs 水戸ホーリホック
湘南21-00水戸
1-0
13
11
2
10
2
2
0
――

北島[警]


アジ[点]

源気←原[交]

中里[警]
梅田←望[交]

アジ[点]
鈴木伸←中里[交]
SH
GK
CK
直FK
間FK
OF
PK
――
01'
23'
44'
44'
44'
45'
60'
62'
66'
76'
77'
78'
81'
10
7
3
13
3
3
0
――
[警]初田

[警]初田
[退]初田

[交]塩沢→平松

[交]金→鈴木孝


[交]村松→椎原

6/10 20th vs水戸 @平塚
原竜太 石原直樹
アジエル 加藤 望
坂本紘司 北島義生
中里宏司 田村雄三
ジャーン 斉藤俊秀
  金 永基  


【感想】
 勝って良かった。
 いつも思うのですが、水戸さんってなんだか怖いんだよね…。
 観客としてみているだけではわからない事って色々あるのね。望さんの試合後のコメントとか見るとさ。
 水戸が1名退場になったからといって、DFが減ったわけでもなく。中盤でボールが回せるだけって事だよね。…そうそう簡単に回せなかったけどさ。
 そうそう、水戸さんといえば、1人少なくなって1点先制されたから「きっと後半は、放り込みサッカーになるんだろうな」って思ったけど、そうでもなかった。よく言えば、自分たちのサッカーを貫く。悪く言えば臨機応変ではない。って感じか。むぅ。
 ジャーンと斉藤さんが戻ってきたCBは安心でしたが(怪我前までの調子には戻ってないけどね)、両サイドは怖かったっす。
 こうやって続けてウメが試合に出ていると「あぁ、本当に復帰したんだな」って感じがします。
 試合前、鈴木伸と財津を間違えて、とある人と会話してしまったのは内緒。どうも困った顔してたのは、私が間違ってたからか。
 次の節はお休み。次の試合はホームで鳥栖戦。鳥栖も良くなってきているから、ドキドキです(毎節だがな)

 この1週間のうちに前節の仙台戦のを書くかな(遅すぎます)
posted by 風子 at 13:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月13日

平塚のホームタウンエリア。

 サポティスタにも載ってたし、他のブログにも取り上げられていたマリノスの「トリコロール宣言」を張ってねっていう告知。
神奈川県内(川崎・平塚のホームタウンエリアを除く)の店舗等での貼付のご協力
 ってトコなんですが。
 ひょっとして「ベルマーレ平塚」だと思ってないか? 「平塚市」ではなく、「ベルマーレ平塚のホームタウンは除く」って意味で書いてないかなぁ〜。
 まぁ、マリノスにとっては、まだ平塚なのかもしれないけどな。

 ベルマーレって、湘南ベルマーレなんだよね。
 変わってから何年になったかね…。( ´△`)

■追記 6/14
 今だに「ベルマーレ平塚」って事よりも、ねおベルマーレさんとこに載っていた「後期日程発表前に出す」事の方が問題なんじゃないかなぁと思ってみたり。

■追記 06/15
 またもや、ねおベルマーレさん情報ですが(笑
 修正されたようです「川崎・湘南のホームタウン」に。
 1つバグ(問題)を見つけて修正した場合は、関連する箇所はよく見直した方がいいよ、という事例でしたか。2回修正するよりも、1度ですっきりと修正した方がカッコイイですよ。
 …どーでもいい話ですが。
posted by 風子 at 16:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

笑うから楽しいんだ


 アジエルがJ'sGOALの5月MIPに選ばれました。
 5月度 J'sGOAL月間MIP (6月14日発表)

 その中の西村通訳のコメントにあった言葉。
 「アジエルを見ていると、楽しいから笑うんじゃなく、『笑うから楽しいんだ』って思わされます。」
 いいよね。ホント真似したい。

 「笑門福来」じゃないけど、いつでも前を向いて笑っていたいっすね。難しい顔や悲観してもしかたないしね。

 週末は鳥栖戦。がんばれ!
posted by 風子 at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

あそぶよ(BlogPet)

6がつ18にちの20じはんごろに「Panael」とあそぶんだよ。

*このエントリは、ブログペットの「ふく姫」が書きました。
posted by 風子 at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fuku | 更新情報をチェックする

「あわせて読みたい」

 feed meterというものをつけてますが(右下)、そこのサービスで「○○とあわせて読みたい」というサービスが始まりました。「○○」には指定したブログが入ります。
 実際には「あわせて読みたい」というよりも「あわせて読んでる人がいますよ」が正しいと思います。

 ……やってみたさ。
 「しゃちべるブログとあわせて読みたい

 サッカー系はまだわかる。しかし……

 ……エロ系かよ………_| ̄|○
 ※時間帯によって、表示されるブログは変わります。

あわせて読みたい

 ※リンク先はくれぐれも自己判断でヨロ。
posted by 風子 at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Etc. | 更新情報をチェックする

2007年06月18日

22節 vs鳥栖 4-1 @平塚

2007/06/17 13:03キックオフ 平塚競技場
【入場者数】3,935人【天候】晴 22.3℃ 66%
【主審】野口達生【副審】金子聡一郎/村田裕介

【得点】
 16分[鳥栖]藤田祥史:中央 7 〜 → 30 → 中央 25 〜 左足S
 47分[湘南]原 竜太:中央 24 〜 → 10 〜 → 中央 20 左足S
 50分[湘南]石原直樹:中央 10 → 8 → 中央 11 〜 右足S
 53分[湘南]斉藤俊秀:左CK 24 ↑ 中央 20 → 中央 2 右足S
 89分[湘南]永里源気:左 14 〜 中央 右足S

22節 湘南ベルマーレ vs サガン鳥栖
湘南40-11鳥栖
4-0
15
8
4
18
1
1
0
――

原[点]
石原[点]
斉藤[点]





石原[警]
ウメ←石原[交]
源気←望[交]
冨山←坂本[交]
源気[点]
山口[警]
SH
GK
CK
直FK
間FK
OF
PK
――
16
47
50
53
54
54

55
57
72
77
77
80
89
89
8
8
3
16
2
2
0
――
[点]藤田



[交]村主→尹
[交]長谷川→
 柴小屋
[警]
[交]山口→広瀬


6/17 22th vs鳥栖 @平塚
原竜太 石原直樹
加藤 望 アジエル
坂本紘司 北島義生
山口貴弘 田村雄三
ジャーン 斉藤俊秀
  金 永基  


【感想】
 水曜日に試合がなかったのは、非常にラッキーでした。
 後半開始早々、追いついたのはいい流れになりました。そういう意味で、MOMでしょう。
 前半、先制された後慌てずに出来たのは大きかったのではないでしょうか。これが後半の得点に繋がったのかな。
 カードが出なくても、相手チームの選手が10人になることもあるんだなーと、ちょっとビックリ。
 総括は、岸野監督の言葉に表れていると思う。『「湘南は非常に元気だったと思います。以上」』

 これから梅雨→夏と過酷な環境が続くでしょう。大変だろうけど、頑張って欲しいっす。
 今回の坂本の怪我のように、連戦が続けば主力組にも怪我や疲れが出てくる。こういう時にサブの選手のチャンスですよ。今、チームがやらなければならないこと。チームとしての約束事。それらがチーム全体で統一されることを願います。
 坂本が抜けた穴は大きい。しかし、そこで若手のチャンスだと選手は思って欲しい。 そして、観客にも納得させて欲しいと思います。

 あ、あと!これだけは。
 基本的に主審について文句は書かない主義なんですが。
 「カードを出さないからといって、荒れてないわけではない」という事っすよね。
 最低限、基準はハッキリして欲しいと。前半と後半、同じことしてても違うジャッジされると、見てるほうも困る。やってる選手はもっと困る。

 気がつくと、7月半ばからは第3クールに入ります。本当にあっという間に過ぎていくですよ。
 J'sGOALの湘南−鳥栖のレポートを読んで、去年のことを思い出してちょっと涙が出そうになりました。たった1年前。でも重い1年でした。

 山口選手、J初出場オメ。次は前半からガンガン上がって持ち味を見せて欲しいと思います。
 永里選手、今季初ゴールオメ。「さくらんぼ」が久し振りに聞けてよかった!

 この試合、朝日サッカーサポーターズクラブのプレゼント企画で、プレステージルームでの観戦でした。 楽しかった〜。 朝日さんがこの企画やるときは、勝率がいいそうです。 …という事で、毎回やってw
 同じルームで見た皆様、また競技場でお会いいたしましょう!
 競技場で見かけたら、是非声をかけてくださいね!
posted by 風子 at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

J1とJ2と日本代表

 まぁ、戯言です。

 J1とJ2の選手の技術やその他諸々を比べると、やはりJ1の方が上のレベルの選手が多い。
 日本の中でいい選手が揃っているが、日本代表と世界を比べると、世界の方が上のレベルが多い。

 現在、J2での主流のサッカーは高い位置からのプレス、ボールを持ったら全員攻撃。 全員が守備の意識と攻撃への参加を求められる。
 何故こうなっているか。 J1の個の技術でなんとかするサッカーではなく、個では敵わないかもしれないけれど、全員で同じ意識をもって全体でサッカーをやれば、個のサッカーを破ることができる。 という意図からだと思われる。

 J2でこれをやろうとするチームは多い。 しかし、メンタルな部分、戦術理解度、体力などなどの理由から、成し遂げるには時間がかかり難しいという事も事実。
 J1も個の技術だけで、全てがなんとかなっているわけではない。 だが、J2に比べて個の技術で局面を打開するシーンは多い。

 最近の日本代表の試合を見ていると、J2サッカーと似ていると感じる。
 結局は日本サッカーにおけるJ2のポジションと、世界のサッカーにおける日本代表が同じポジションにいるのかもしれない。


#…だからなに?というわけじゃなくて。
#ふと思うままに、
#なんとなく書いてみた〜。
#他の人には「当たり前だよ!」って事かも
#しんないけどね。

#だから「J2の選手を使え」って
#言ってるわけじゃないのよ〜。
posted by 風子 at 17:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

笑門福来(BlogPet)

前を向いて笑っていたいっすね
ホント真似したかった
 アジエルなどを発表すればよかった?
笑門福来
じゃないけど、言葉を発表したかったの♪
だって♪


*このエントリは、ブログペットの「ふく姫」が書きました。
posted by 風子 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fuku | 更新情報をチェックする

[新加入]背番号7 やっと埋まった。

 「2007年06月22日 エドワルド・マルケス選手 新加入のお知らせ
 という事で、アジとジャーンがやってた時のサントスで一緒にプレーをしていたFWの選手が新加入。
◆名前
 エドワルド・マルケス・デ・ヘスウス・パッソス
 EDUARDO MARQUES DE JESUS PASSOS
◆登録名
 エドワルド・マルケス
◆生年月日
 1976年6月26日(30歳)
◆身長・体重
 181cm・77kg
◆ポジション
 FW
◆国 籍
 ブラジル(出身地:サントス)
◆背番号
 7
◆選手歴
 1996年〜2000年 SANTOS FC/ブラジル
 2001年 SPORT CLUB DO RECIFE/ブラジル
 2001年6月〜 GUARANI FC/ブラジル
 2002年 SANTOS FC/ブラジル
 2002年6月〜2003年6月 BELENENSE/ポルトガル
 2004年 HAPOELL FC/イスラエル
 2005年 MACCABI/イスラエル
 2006年 DAEGU FC/韓国
 2007年4月〜 GREENTOWN FC/中国
※サントス時代にジャーン選手、アジエル選手と共にプレーした経験があります

◆契約期間
 2007年6月10日〜12月1日

◆特徴
 技術があり前線でためが作れ、周りも使えるストライカー。シュート力もある。

◆コメント
 「ベルマーレには質の高い選手が多く、J1昇格するための力をもっていると感じています。自分の攻撃力がチームに新たな力を生むために仕事をしたい。チーム全体が力を合わせて目標を達成したいと思っています」

◆備考
 Jリーグ登録の関係上、公式戦への出場は第29節(7月21日vs愛媛FC @平塚)以降となります
 という事で。
 実際に試合で見れるのは7月21日以降。楽しみですね。

 その前に、明日の徳島戦だ!
posted by 風子 at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月25日

23節 vs徳島 2-0 @鳴門

2007/06/23 16:04キックオフ 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
【入場者数】2,591人【天候】晴 28.0℃ 43%
【主審】北村央春【副審】安食弘幸/竹内元人

【得点】
 18' [湘南]原 :右 10 直接FK ↑ 中央 20 ヘディングS
 69' [湘南]山口:左 24 CK ↑ 中央 30 ヘディングS

23節 徳島ヴォルティス vs 湘南ベルマーレ
徳島00-12湘南
0-1
8
14
2
13
1
1
0
――
塩川



石田←小山
小林←高橋
麦田←挽地



石田
SH
GK
CK
直FK
間FK
OF
PK
――
15'
18'
32'
45'
45'
45'
68'
69'
79'
79'
88'
14
8
6
13
3
1
0
――

[点]原

冨山→源気



[点]山口
原→梅田
望→将太

6/23 23th vs徳島 @鳴門
原竜太 石原直樹
加藤 望 アジエル
冨山達行 北島義生
山口貴弘 田村雄三
ジャーン 斉藤俊秀
  金 永基  


【感想】
 暑かった。 鳴門なのに風がそんなになかった。 予報が曇りとか雨とかだったので、雨具の用意をしてたけど、必要なかった。つか、焼けた…。
 冨山のボランチの位置でのプレーはそこそこ面白かったけどな。というか、最初から北島の1ボランチかな。それはそれでいいんだけど、北島のパス・クリアの精度がイマイチなので、そこでカットされると怖い。
 というのも、ジャーンや斉藤さんを見ていると「クリアした後」を考えてプレーしている。だから、そこから攻撃が始まる。 まだまだ田村や山口はそこまでではない。 ましてや、北島はギリでクリアするので、スライディングが多い。 スライディングしてクリア・カットしたボールの行方はどこ行くかわからない。という状態。 これが「差」なんだろうな。
 得点は2点ともセットプレーから。(ここで、ふと「セットプレーの比率ってどのぐらいあるんだろう?」と今までの得点を分析してみました。 思ってたよりもセットプレーは少なかったです。25%。逆に「失点」を分析してみると面白いかもだな。他のチームも分析してみたい気持ちがありますが、データがないんだよな…)

 内容はまぁ、「先制点欲しいなぁ」という時に反対側のゴールで先制点が入り「だれ?今の決めたの誰!」と叫びつつ、「このあたりで追加点があるといいなぁ」と思った頃に目の前で山口の綺麗なヘディングを見て。2−0というのは危険な点差だと言われる事が多いですが、そこまで「危険な香り」はしなかったなぁと。 やっぱ、暑かったからですか?
 前半、先制してから徳島の攻撃の時間が多くなったような気がしてたのですが、やっぱりプレスが甘くなってました? この原因は監督インタビューによると「今日の徳島はボールも人も動いていて、捕まえ切れなかった」という所らしい。 確かに徳島は動いてはいたけれど、仙台やいい時の山形のように厳しくはないと思うんだけどな。 ここはきちっと修正するなり対策を立てるなりしていただきたいところ。

 あ、そうそう。田村のシュートは入る気がしないので、是非今回打った場所でボールを持ったらパスを選択していただきたい。パスの方がいいボール蹴るじゃん?
 そろそろ、望さんとジャーンのゴールが見たいなぁ。

 毎回のことですが、「絶対勝てる」ってものはないので、競技場で見てるこっちはドキドキです。
 次はもっとドキドキなんだろうなぁ。水曜日の京都戦。 原竜太は有休。サイン会要員か?
posted by 風子 at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月26日

こんなに毎回問題になってるのに、改善されていないのは何故?

 何も変わってないのか。
 彼に対する固定観念があるから、こういう事になるのか。

 でも、毎度毎度だと、資質を問いたくなるのは、仕方ないよね。

■J1 16節 FC東京vs甲府
※林健太郎
 ・試合終了後の林 健太郎選手(甲府)の行為について
林 健太郎選手(ヴァンフォーレ甲府/試合エントリー外)は、試合終了後、スタジアム審判控室へ向かう主審に対し侮辱的な発言をした
  サポティスタによると↓
スタンド観戦していた林は、審判控え室へ戻る家本主審に「相変わらず下手くそだな」と、つい本当のことを言ってしまったという。
  ソース不明だけどな。

※茂原岳人
 ・退場に伴う茂原 岳人選手(甲府)の出場停止処分について
茂原 岳人選手(ヴァンフォーレ甲府)は、主審より退場を命じられました。また、退場を命じられた後にピッチ上で主審を侮辱し、さらにピッチからロッカールームに戻る際に運営備品を破損させた

■J1 17節 千葉vs新潟
 ・アマル千葉 不可解判定に泣く
 ・MF下村は「納得いかない。審判の説明もないし“何か言ったら警告出すよ”としか言わない」と怒りをあらわにした。

 「言ってはいけない発言」や「器物を壊す」ことは、もちろんいけないことだと思う。 人に対しての「ツバ吐き」って“お前は何様?”とか思うし、出場停止は当然だと思う。(ちなみに道路に対するツバ吐きも容認できないがな)
 でも、こんなに毎回 主審が 問題になってていいの?
 これでもスペシャルレフリーだよね…。
 2005年の鳥栖vs草津で、松本監督(当時)が無茶苦茶怒ってたのを覚えてる。(この時も主審の間違いで警告対象選手が後で変更されている)

 審判も人だし、間違うのもわかる。
 でも、毎回でいいわけ? 良くないっしょ?
 黄色とか赤色のカードの数だけじゃない。カードが多い・少ないというのも目安にはなるけれど、ジャッジの質をそろそろ語ってもいいんじゃないかな。
 チームにもサポにも切実な問題だと思うのね。

 千葉系のHang Toughさんでも同じこと書かれてるですよ。 千葉は、ついこの間被害にあった当事者さんだからねぇ。
 そうそう、SRの年収は1千万円近くだという話を、私もどっかから聞いた覚えがあります。ソースは思い出せないけれど。

 湘南は明日は京都戦。 京都戦には彼は来ないって事は、かなり気を楽にさせてくれるなぁ。
posted by 風子 at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Soccer | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

24節 vs京都 2-4 @平塚

2007/06/27 19:03キックオフ 平塚競技場
【入場者数】7,968人【天候】晴 24.6℃ 74%
【主審】廣瀬 格【副審】長谷忠志/西尾英朗

【得点】
 03分[京都]パウリーニョ:左 16 〜 ↑ 中央 10 〜 左足S
 19分[湘南]田村:右 14 〜 → 10 〜 → 右 6 右足S
 41分[京都]徳重:中央 直接FK 7 右足S
 52分[京都]倉貫:左 16 〜 ↑ 中央 相手DF クリア 中央 20 左足S
 84分[京都]パウリーニョ:相手DF ミス 中央 22 〜 → 中央 10 〜 右足S
 86分[湘南]北島:右 CK 10 ↑ 中央 15 シュート こぼれ球 15 右足S

24節 湘南ベルマーレvs京都サンガF.C.
湘南21-24京都
1-2
10
7
5
18
4
4
0
――

田村雄三

ジャーン





森谷←源気

将太←望
外池←石原

北島義生
SH
GK
CK
直FK
間FK
OF
PK
――
03'
19'
29'
40'
41'
52'
62'
72'
72'
73'
79'
81'
81'
84'
86'
86'
9
13
0
13
5
5
0
――
パウリーニョ

斉藤大介

徳重隆明
倉貫一毅
倉貫→渡邉
徳重→中払
平島崇

田原→西野


パウリーニョ

チアゴ

6/27 24th vs京都 @平塚
永里源気 石原直樹
加藤 望 アジエル
坂本紘司 北島義生
山口貴弘 田村雄三
ジャーン 斉藤俊秀
  金 永基  


【感想】
 昨日は非常に悔しかったです。
 「悔しい」という感情が、今までにあまりなかったものでしたが。

 負け惜しみですが、勝てた試合でした。
 監督コメントにある通り、バーやポストに弾かれていたアレが入っていれば…。 そう、所詮「タラレバ」なんです。(ここで「ニラレバ」と落としたい気持ちがあるが…あ、書いちゃったじゃん…)

 上位にいれば、そして上位に留まるには、それだけ毎試合が大切な試合になります そのプレッシャーが続く状態を乗り越えていかなければならないという事。
 選手もサポも。

 楽しいよね。第2クールもあと2試合って時に、こんなことができるなんて。

 きっと山形戦では、この試合を踏まえて修正してくれるだろうと信じてるし、勝点3をとって平塚に戻ってきてくれることを信じている。

 産能大の応援とか、坂本の出場とか、森谷今季初出場とか、ボールを持ったらチームのリズムを乱す選手とか…まぁ、色々あった試合だけど…

次だ、次!
諦めてないからなっ!
posted by 風子 at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Bellmare | 更新情報をチェックする

2007年06月29日

きょう(BlogPet)

きょう、選手っぽい敬意したかったの♪


*このエントリは、ブログペットの「ふく姫」が書きました。
posted by 風子 at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fuku | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。